--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016.12.09 17:05|お金
税制改正 配偶者控除見直し

今の年間「103万円以下」から「150万円以下」に引き上げることなどが盛り込まれましたね。

妻の収入が150万円を超えると、控除額が段階的に減っていき、
201万円を超えると控除額がゼロになる仕組みです。

「103万円の壁」を解消しようという狙いがあります。

103万円が解消できたとしても、今度は健康保険や年金の保険料を支払う必要が出てきます。
これらは「106万円の壁」「130万円の壁」とも言われています。

働き方は確かに少し変わりますが、
これからは、130万円が大きな壁になってくるかもしれないですね。

実際に130万円が次の壁になった場合、
どれくらいの勤務時間が出てくるのでしょうか?

130万-103万=27万
年間で27万円が増えることになります。

1ヵ月だと
27万÷12ヵ月=22,500円

時給1,000円として
22,500÷1,000=22.5時間

1ヵ月に22.5時間増えることになります。
土日を除けば 約一日1時間労働が増える
という事でしょうか?

簡単に計算しましたが、ご自身の場合どうなるのか
計算しみてはいかがでしょうか?

もしかしたら、働き方が変わってくるかもしれないですね。



私は、先月子どもが生まれましたので、
働き方ではなく、
お金の使い方を考えていこうと思います。

学資保険や

NISAではなく
個人型確定拠出年金か
企業型確定拠出年金を

考えようと思っています。


当ブログは、今まで高齢者の住まい、介護、お金
について書いてきましたが、

これからは、妊活や子育てなども含めて
書いていこうと思います。

と言うわけで、タイトルを変えようと考えています。

まだ、タイトル名は考えていませんが、
近いうちに公表します。






良かったらポチッとお願いします。

にほんブログ村

****************************************************************************
『株式会社なごみ空間工房』 
介護福祉士がいる介護分野を得意とした設計事務所と介護保険福祉用具貸与・販売事業所が併設している会社です。住み慣れた地域で暮らしていきたい方やそんなお年寄りをサポートする
介護事業所を応援しています。

介護リフォーム・バリアフリー住宅・地域に密着した介護施設の設計監理
無料相談やっておりますのでお気軽にご連絡ください。(連絡先はプロフィールをご覧下さい)
****************************************************************************
【 e-shops ローカル 】 比企郡嵐山町・建築設計事務所
【なびさい】
【リフォームTOWN】


スポンサーサイト
2014.12.22 12:00|お金
平成26年12月21日に、FPの集まりの「埼玉SG県西勉強会」に参加してきました。

埼玉SG相続セミナー

内容としては、

1.相続トラブルの現状

2.相続のトラブルの原因とコンサルティングの切り口

3.相続トラブルの事例
 ケース1 3姉妹の相続
 ケース2 一人っ子のはずが・・・
 ケース3 嫁の不幸
 ケース4 いらない財産
 ケース5 プロ選びの大切さ

介護福祉建築士として、FPとしてとても勉強になりました。
実際に経験されているお話でしたので、相続との大切さ、大変さが良く分かりました。

今回、やはりテーマが相続なので『実家(空き家)』をどうるのか?というお話も出てきました。

以前、当ブログでも取り上げました
FPジャーナル 増え続ける空き家問題を考える

また、タイムリーにも、東洋経済でも『実家の片づけ』が出ています。
「実家の片づけ」は日本経済の縮図だ

郊外・庭付きの実家が「迷惑資産」になるワケ

「実家の片づけ」はもはや社会全体の悩みだ


こんなに『実家の片づけ』という言葉が世間で叫ばれてくると、詐欺業者が出て来るのではないか危惧しています。
飛び込み営業のところではなく、地域の信頼できる業者にまずは相談しましょう。




良かったらポチッとお願いします。

にほんブログ村

****************************************************************************
『株式会社なごみ空間工房』 
介護福祉士がいる介護専門の設計事務所と介護保険福祉用具貸与・販売事業所が併設し
ていいる会社です。住み慣れた地域で暮らしていきたい方やそんなお年寄りをサポートする
介護事業所を応援しています。

介護リフォーム・バリアフリー住宅・地域に密着した介護施設の設計監理
無料相談やっておりますのでお気軽にご連絡ください。(連絡先はプロフィールをご覧下さい)
****************************************************************************
【 e-shops ローカル 】 比企郡嵐山町・建築設計事務所
【なびさい】
【リフォームTOWN】

2014.12.21 10:47|お金
 ■来年度税制改正のポイントと見通し(朝日新聞2014.12.18)

 【実施の方向】

 ◆法人減税

 2.5%幅を目指して最終調整、実質減税の公算大

 ◆NISA拡充

 非課税枠を年100万円→120万円に、ジュニアNISA創設

 ◆ふるさと納税の上限倍増

 年収500万円の夫婦なら2.8万円→5.6万円に

 ◆結婚・出産資金の非課税贈与

 妊娠や育児にも利用可能、非課税枠1千万円で新設を調整

 ◆住宅資金の非課税贈与

 最高1千万円の非課税枠を1500万円に拡充・延長へ

 ◆固定資産税の空き家対策

空き家の場合は住宅向け優遇措置の対象外に

 【先送りへ】

 ◆自動車取得税の廃止

 消費税率10%への再増税時に廃止予定だったため

 ◆ビール系飲料の税率見直し


私が気になるのは、個性資産税の「空き家の場合は住宅向け優遇措置の対象外に」。

敷地に建物が建っていれば優遇措置で税金が1/6になるのに、
その優遇措置が無くなるということは、税金は6倍に!!

手放す方が多くなるかもしれません。

ますます、空き家対策が必要になるでしょうね。




良かったらポチッとお願いします。

にほんブログ村

****************************************************************************
『株式会社なごみ空間工房』 
介護福祉士がいる介護専門の設計事務所と介護保険福祉用具貸与・販売事業所が併設し
ていいる会社です。住み慣れた地域で暮らしていきたい方やそんなお年寄りをサポートする
介護事業所を応援しています。

介護リフォーム・バリアフリー住宅・地域に密着した介護施設の設計監理
無料相談やっておりますのでお気軽にご連絡ください。(連絡先はプロフィールをご覧下さい)
****************************************************************************
【 e-shops ローカル 】 比企郡嵐山町・建築設計事務所
【なびさい】
【リフォームTOWN】

2013.08.16 16:59|お金
プレジデント 貯蓄:「ゆとりある老後」に必要な資金は、1億1856万円


いつも思うのですが、
「「ゆとりある老後」に必要な資金」とか
「老後までに必要なお金」とか
「老後に破綻しないために」とか
なぜそんなにも不安にさせ煽るのだろうかと考えてしまいます。

不安を煽ればそうのような本が売れるのもその理由の一つだと思います。
このようなお話を読んでいると、決まって最後は
お金が足らなくなるので投資しましょうとかが多いような気がします。

どの層を対象に計算し書かれているのでしょうか?
2010年度の総務省・家計調査報告と書いてありますが。
これもどの層をサンプルしているのか定かではありません。

もうちょっと現実的なものでないと意味がないような。。。
正直、このての話で現実的な内容を読んだことがないのは私だけでしょうか?
あまり参考にしなくてもいいのでは?

ちなみに私はFP(ファイナンシャルプランナー)でもあります。
多くのFPさんはこのようなお話をされますが、私は「???」。
もっと現実をみてほしいですね。



良かったらポチッとお願いします。

にほんブログ村

****************************************************************************
『なごみ空間工房一級建築士事務所』 介護福祉士がいる介護専門の設計事務所 
介護リフォーム・バリアフリー住宅・地域に密着した介護施設の設計監理
無料相談やっておりますのでお気軽にご連絡ください。(連絡先はプロフィールをご覧下さい)
****************************************************************************
【 e-shops ローカル 】 比企郡嵐山町・建築設計事務所
【なびさい】
【リフォームTOWN】

2013.08.07 18:57|お金
本日知り合いの建築士と
国土交通省 住宅局主催の「住宅関連税制とすまい給付金」説明会に行ってきました。

この説明会は、消費税の引き上げが行われた場合に実施するとのことですが、
ここまでお金をかけてこの説明会を実施し、なおかつテキストまで作成の気合の入れようです。

おそらく、何か大きなことが起こらない限り消費税の引き上げは行われると思います。
(確実ではありません。あくまでも私の考えです)


今回のこのセミナーは、大きく分けて3つ。

第一は 消費税率の引き上げについて

第二は 住宅ローン減税の税制拡充について

第三は すまい給付金制度について


メインは第三のすまい給付金制度についてでした。

すまい給付金とは
 
すまい給付金制度は、消費税率引上げによる住宅取得者の負担をかなりの程度緩和するために導入を予定している制度です。住宅ローン減税は、支払っている所得税等から控除する仕組みであるため、収入が低いほどその効果が小さくなります。すまい給付金制度は、住宅ローン減税の拡充による負担軽減効果が十分に及ばない収入層に対して、住宅ローン減税とあわせて消費税率引上げによる負担の軽減をはかるものです。このため、収入によって給付額が変わる仕組みとなっています

詳しくは、 国土交通省 「すまい給付金」をご覧ください。

いろいろなところで「9月までに契約を」と宣伝しておりますが、このような制度もありますので、
よく検討してからがよいと思います。

ちなみに、新築住宅だけではなく、要件はありますが中古住宅でも給付になります。



良かったらポチッとお願いします。

にほんブログ村

****************************************************************************
『なごみ空間工房一級建築士事務所』 介護福祉士がいる介護専門の設計事務所 
介護リフォーム・バリアフリー住宅・地域に密着した介護施設の設計監理
無料相談やっておりますのでお気軽にご連絡ください。(連絡先はプロフィールをご覧下さい)
****************************************************************************
【 e-shops ローカル 】 比企郡嵐山町・建築設計事務所
【なびさい】
【リフォームTOWN】


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
訪問者数

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

たなみ~

Author:たなみ~
介護福祉士のいる介護専門の設計事務所と福祉用具貸与販売事業所
株式会社なごみ空間工房 
代表取締役 田中光人
住所:埼玉県比企郡嵐山町菅谷141-2
TEL 0493-63-1887

地域介護にこだわり、在宅介護を少しでも
サポートしていけるように日々努力。
地域に根ざして、親しまれる存在を目指しています。

1993年理工系大学卒業
1996年建築学校卒業
2002年二級建築士取得
2002年宅地建物取引主任取得
2004年福祉住環境コーディネーター2級取得
2007年AFP(ファイナンシャルプランナー)取得
2008年一級建築士取得
2011年介護福祉士取得
2012年独立し なごみ空間工房一級建築士事務所開設
2014年株式会社なごみ空間工房を設立し介護保険福祉用具貸与販売事業を開始
    応急危険度判定士認定
2016年建築士会インスペクター認定
2017年既存住宅状況調査技術者

所属団体
福祉住環境コーディネーター協会
日本ファイナンシャルプランナー協会
埼玉建築士会
嵐山町介護フェア実行委員会 会長
チーム。なごみ 代表

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。