--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.12.29 18:54|趣味
今日はぜんぜん関係ないお話です。

今日は横浜港大さん橋から山下公園経由で横浜中華街に行ってきました。

こんな料理を食べてきました。

中華焼きそば


豚肉ごはん


意外とお手ごろなお店が多いですし、おいしかったですね。

近くお店には、いろんなお茶なども売っていて
お土産にジャスミン茶や、アーモンドなども買って帰りました(^^)

今そのジャスミン茶を飲みながらUPしています。


スポンサーサイト
2012.12.26 23:31|住まい
年末は忙しく、ながらく更新できずにいました^_^;

先日、東松山県土整備事務所に行ってきたのですが、そんなタイトルの冊子があったのでアップします。

既存のブロック塀石塀は見かけだけはしっかりしているようでも、構造的な欠陥があったり、長い年月によって老朽化が進んでくると地震などがあった場合倒壊事故の危険性があります。

また、倒壊して道を塞いでしまったら、救急車やレスキューなどの救助も困難となり助かる命も助からないと言うようなことが起こるかもしれません。

そんなことにならないように今からこのパンフレットを参考にして安全対策に努めましょう!!

ちょっと見づらいですが。。。

resize0037.jpg

resize0034.jpg

resize0035.jpg

resize0036.jpg



2012.12.13 22:08|住まい
NHK ためしてガッテン(2012年12月05日放送)より

40代からすでに危険! 転倒死をホントに防ぐ

年間7000人を上回る人が命を落とす転倒事故。その死者数はいまや交通事故を上回っています。
ためしてガッテンでもこれまで何度も転倒を取り上げており、その原因として「筋力低下」や「注意力低下」などを指摘しました。今回、転倒事故の原因をさらに詳しく調べてみると、思いもよらない意外な原因が見つかりました。その手がかりとなるのが「女性」「歩く」という 転倒とは結びつきそうにない2つの言葉。しかし、私たちが転んでしまうメカニズムと深く関係していたのです。できれば誰もが遭いたくない 転倒事故。そのホントの原因をお伝えします。

■バランス力を見抜くマジックとは?
 人が転んでしまう理由の一つとして挙げられるのが バランス力の低下。そのバランス力の目安となるのが「片足立ち」できる時間の長さです。街の人に目をつぶって 片足立ちをしてもらうと、 年齢や運動経験とはほとんど関係がなく、結果はバラバラ。

 しかし、バランス力の専門家はたった一つの道具を 使って、どのぐらい片足立ちができそうかピタリと予言。専門家はいったいどのようにしてバランス力を見抜いたのでしょうか。
実は専門家が使っていたのは文房具の「コンパス」。

 コンパスの先を足の裏にあて、敏感さを測っていました。足の裏にはメカノレセプターと呼ばれるセンサーがあり、足の裏にかかる圧力の情報を脳に送っています。専門家はこのセンサーの感度を測定。バランス力を予言していたのです。

■足の「冷え」が転倒を招く!
 バランス力の専門家のマジックはこれだけでは ありません。「あること」をすると、片足立ちが 5秒しかできなかった女性が1分17秒に。逆に2分以上片足立ちができた男性は半分以下の46秒に。
 
 なんとバランス力を自由自在に操ることもできたのです。専門家が行ったのは、足を温めたり冷やしたりすること。お湯や氷水に足を3分間つけてもらっていたのです。

 実は足裏のセンサーからの情報は、温度が低いと脳に伝わりづらくなります。女性に多い冷え性の人は足裏が冷えやすく転倒しやすいので気をつける 必要があります。2004年に大分県で行われた調査では、冷え性の人は冷え性でない人に比べ、1年以内に転倒の危険を感じたことのある人が1.6倍も多かった そうです。寒い季節は男女を問わず足の冷えに要注意!

■わずかな段差で転ぶ理由とは?
カーペットのへりなど、何でもないようなわずかな段差で転んでしまうことは意外に多いもの。いったいなぜなのか。画像解析装置で人が歩くときの体の動きを分析してみると、転倒のホントの原因に迫る意外な事実が分かってきました。

 黄色で示したつま先の軌跡が、段差の高さ5cmと2cmでは明らかに違います。人は段差の高さによって「上る」と「歩く」という2つの動きを使い分けているからです。その境界となる高さはおよそ3cm。これより高いと「上る」、低いと「歩く」と無意識に使い分けています。「歩く」ときは、足はまるで振り子のように動きます。振り子が下がりきった瞬間、足は最も地面に近づきます。人がつまずきやすいのはこのときだったのです。

■知らず知らずのうちに下がってしまう足
 では、実際にどのような時に足の振り子は地面や床に引っかかってしまうのでしょうか。これにはあの、足の裏にあるとお伝えしたセンサー、メカノレセプターが関係しています。
 
 実はメカノレセプターは足の裏だけでなく全身にあり、関節の角度や筋肉の収縮の情報を脳に送っています。この情報が脳にうまく伝わらないと、足の高さに「バラツキ」が生まれ、知らず知らずのうちに足が下がってしまうのです。メカノレセプターからの情報が脳に伝わりにくくなる原因の一つが加齢。若者と中高年で歩行時の足の高さを比較してみると中高年の方がバラツキは大きく なっていました。
 年をとりセンサーの感度が悪くなってしまったと考えられています。また、2つの動作を同時に行う「ながら状態」も、足の高さのバラツキを生む大きな原因の一つ。若者でも「ながら状態」では足が下がってしまうため油断は禁物です。

 とはいえ、年を取ることや何かをしながら歩くことは人にとって避けられないもの。そこで私たちが真っ先に取り組むべきなのが、足元にあるものを「片づける」こと。私たちの家の中にはカーペットやコード、そして床に置いてあるリモコンや新聞紙、洗濯物などわずかな高さしかなくても転倒の原因になりそうなものがたくさんあります。身の回りの片づけをすることは、最も簡単で、最も効果的な転倒事故対策、いわば「究極のバリアフリー」なのです。

番組ホームページはこちらから


転倒予防になればと思い取り上げてみました。
意外なことが分かり私としてもとても勉強になりました。仕事にも役立たせたいと思います。
転倒して大腿骨頚部骨折などにならないよう早めの『究極のバリアフリー』を!!



良かったらポチッとお願いします。

にほんブログ村

****************************************************************************
『なごみ空間工房一級建築士事務所』 介護福祉士がいる介護専門の設計事務所 
介護リフォーム・バリアフリー住宅・地域に密着した介護施設の設計監理
無料相談やっておりますのでお気軽にご連絡ください。(連絡先はプロフィールをご覧下さい)
****************************************************************************
【 e-shops ローカル 】 比企郡嵐山町・建築設計事務所
【なびさい】
【リフォームTOWN】

2012.12.12 15:15|住まい
読売新聞 2012.12.2 『実家をたたむ』<下>より抜粋

「借りてくれる人がいて、本当にありがたい」。岐阜県中津川市の駅から車で10分ほどの場所にある農村部。築40年ほどになる瓦ぶき2階建ての民家を見上げながら、会社員のTさん(51)は笑顔を見せた。

 京都市に住むTさんは、高校までこの家で暮らした。その後、父親が特別養護老人ホームに入り、母親も亡くなって4年前から空き家に。月1回訪れ、空気の入れ替えなどを行っていたが、「どうにかしなければと漠然と思うだけで、そのままにしていました」。

 転機となったのは今年2月。中津川市のNPO法人「田舎暮らし応援ネットぎふ」から「家を賃貸に出しませんか」と連絡があった。同ネットは2年前から岐阜県の事業で空き家調査を行っており、丹羽さんの家を見つけて連絡してきた。理事長の木全(きまた)義則さんは「地域活性化のための、空き家とそこに住みたい人をつなげる仲人役です」と話す。

 今夏、滋賀県大津市の夫婦から申し込みがあり、10月に賃貸契約を結んだ。家賃は同ネットで教えられた相場並みに設定。空き家の時には、冬に水道管が破裂するといったトラブルもあり、「希望する人に住んでもらえるだけで満足です」。


 こうした地域おこし団体の取り組みに加え、最近は「空き家バンク」による活動も広がっている。自治体などが賃貸や売却を希望する物件情報を集め、空き家を買ったり借りたりして住みたい人がいれば、現地見学の手配などを行い、所有者との間を取り持つ。

 自治体の依頼を受け、移住希望者向けに情報発信を行っているNPO法人「ふるさと回帰支援センター」事務局長の高橋公(ひろし)さんによると、治安や景観上の問題などで空き家に悩む自治体が増え、ここ数年、『空き家バンク』を作る自治体が目立ち始めた。「不動産業者がないなど売りたいと思っても難しい場所では、空き家バンクが頼みの綱。行政がかかわるので安心感もあります」と説明する。

 東京・有楽町にある同センターの事務所では、パンフレットなどで空き家バンクの情報を提供。全国の自治体などが会員になっている「移住・交流推進機構」(東京)の「全国空き家バンクナビ」(http://www.iju-join.jp/akiyabank/)でも情報が得られる。空き家バンク経由で家を購入したり借りたりした人に、改修費用を一部負担するという制度を山形県などの自治体が設けている。


 空き家を円滑に処分するには、所有者が売買価格や家賃相場などの情報を収集し、物件をきちんと管理しておくことが大切になる。

 月刊誌「いなか暮らしの本」(宝島社)編集長の柳順一さんは「都会と地方では住まいに抱く意識が違うことに注意してほしい」と話す。部屋数の多い家が地方には多いが、広いからといって入居者が決まるとは限らない。「掃除が面倒と敬遠されることも多い」

 空き家のある地元不動産業者や自治体に問い合わせるのはもちろん、Uターン希望者向けに自治体が都市部で開く説明会に参加して情報収集も行いたい。

 空き家は私有財産。最終的にどうするかは所有者の考えや準備にゆだねられている。もっとも、柳さんは「空き家はさらに増えるとされ、個人の力だけでは限界がある」と指摘する。「国や自治体が問題解決に向け、今まで以上にかかわっていく必要があります」

 (この連載は、宮木優美、崎長敬志が担当しました)
終わり


嵐山町の空き家状況どうなのか機会があれば調べてみようと思います。
空き家があればリフォームして、賃貸、売買してそこに住んでもらえれば地域の活性化になるし、
新築するよりも環境には絶対にいいし、治安の面からもいいのではないでしょうか。

嵐山町だけではなく、比企郡や東松山あたりでもけっこうあるような気がします。
こちらも機会があったらちょっと調べてみようと思います。



良かったらポチッとお願いします。

にほんブログ村

****************************************************************************
『なごみ空間工房一級建築士事務所』 介護福祉士がいる介護専門の設計事務所 
介護リフォーム・バリアフリー住宅・地域に密着した介護施設の設計監理
無料相談やっておりますのでお気軽にご連絡ください。(連絡先はプロフィールをご覧下さい)
****************************************************************************
【 e-shops ローカル 】 比企郡嵐山町・建築設計事務所
【なびさい】
【リフォームTOWN】
2012.12.10 11:58|趣味
昨日12/9銀座に行ってきました。

初めて銀座に神戸牛ステーキを食べに行ってきたのですが、
とても柔らかく、口の中で肉汁がジュワーっと広がって
すごくおいしかったです。

こんなお店です→ こちらから

残念なことに写真を撮ることを忘れてしまったUPできずすみません^_^;
次回こんな時があったら忘れずに写真撮ろうと思いました。


その後時間もあったので銀座散策してました。

そしたら、先日新聞に載っていましたジュエリーショップ「MIKIMOTO」がありました。
このツリーを寄贈するそうです。

で確認のため「MIKIMOTO」のホームページをみましたら、毎年寄贈しているんですね。
過去の寄贈先はこちらから見れます。
今年で35本目になるそうです。


銀座クリスマスツリー

都会の人はたまに田舎に行くのがいいのでしょうけど、逆に田舎者には、たまに都内でこう言った刺激を受けてくるのもいいですね。ほんと、たまにですけど(笑)

汐留のビル47階?からの夜景の写真を追加しました!
めちゃくちゃ綺麗でした。写真だと伝わりづらいのが残念です^_^;

resize0025.jpg


良かったらポチッとお願いします。

にほんブログ村

****************************************************************************
『なごみ空間工房一級建築士事務所』 介護福祉士がいる介護専門の設計事務所 
介護リフォーム・バリアフリー住宅・地域に密着した介護施設の設計監理
無料相談やっておりますのでお気軽にご連絡ください。(連絡先はプロフィールをご覧下さい)
****************************************************************************
【 e-shops ローカル 】 比企郡嵐山町・建築設計事務所
【なびさい】
【リフォームTOWN】

2012.12.07 12:02|住まい
読売新聞 2012.12.1 『実家をたたむ』<中>より抜粋


空き家となった実家を手放すことに決めても、遺品や思い出の品の処分に苦労することが多い。

 東京都東久留米市に住む教員の男性(62)は父母を相次いで亡くし、空き家となった京都市内の実家を昨年相続。売却を予定しているが、遺品の整理に頭を悩ませている。大学教授だった父が残したのは大量の本。「廊下や階段にもぎっしりと本が積まれていました」。他にも多くの日用品が生前のまま残され、夏休みに1週間ほどかけて整理したが、片付けきれていない。

 仏壇の処分も困った。東京の自宅への運搬を宅配業者に依頼したところ、運び出す前日になって「魂を抜きましたか」と業者から聞かれて驚いた。急いで地元の寺に行って事情を話し、無事に運べたが、「片付けがこんなに大変だとは思いませんでした」と話す。

 三重県桑名市に住む自営業の男性(59)は、空き家になった愛知県の実家にあった仏壇が大きすぎて自宅に入らず、位牌(いはい)だけを移した。仏壇は業者に頼んで処分してもらったという。「ようやく片付き、この夏、不動産屋に売却を依頼することができました」と胸をなで下ろす。


 国土交通省が東京都と近隣の県、大阪府で行った「空家実態調査」(2009年度)によると、空き家となった持ち家の半数が、5年以上住人がおらず、「腐朽、破損あり」の状態だった。住人不在の家は維持管理が行き届かず傷みが進むので、片付けは早いにこしたことがない。

 中部地方の農山村の中古住宅を専門に扱う不動産会社の男性も「売却や賃貸するつもりなら、できるだけ早く私物を片付けておいた方がいい」と話す。交通が不便な地域にある古い家でも、片付いていて手入れがされていれば、田舎暮らしを希望する人々の目に留まることがあるという。「『買ってくれる人がいたら片付ける』と放置している人が多いが、私物が散乱したままの家に買い手はつきません」


 さらに、空き家になった実家を円滑に処分するためには、実家の登記を法務局などで調べておくことも大切になる。島根県の実家を売却した東京都の自営業の男性(53)は、売る前に実家の登記を調べたところ、50年以上前に取り壊した祖父名義の家が記されていたことに驚いた。「売ろうとした実家は登記されていなかったんです」。そのことがわかったのが、父親の生前だったため、スムーズに登記手続きができて売れたが、「放っておいたら面倒なことになるところでした」。

 土地や建物はきちんと登記されていないと、売却を円滑に進めることが難しくなる。例えば、祖父から父への相続手続きが行われないまま、父が亡くなった場合、その子どもはおじやおば、場合によってその子孫にも合意を得ないと相続することができない。地方の家の相続問題を専門に扱う司法書士の方によると、親戚から合意を得るために多くの時間や旅費などをかけることになり、実家を売ることを諦めて放置してしまうケースも多い。

 「できれば、親の生前に実家の土地や建物の状況を調べ、大切にしている物や仏壇などと合わせて、どうしたいかを話し合ってください。専門家の意見を聞きながら親の意思を遺言書にしておけば、トラブルを避けやすくなります」とアドバイスしている。

終わり

とても大きな問題ですね。かたや、都内のマンションはそれなりみ売れているそうです。
このような状態を放っておくと、ますます空き家に滑車がかかってしまいます。

わが町嵐山町や近隣市町村でもこういった問題があると思います。
この辺の問題もこれからは考えていこういと思います。


良かったらポチッとお願いします。

にほんブログ村

****************************************************************************
『なごみ空間工房一級建築士事務所』 介護福祉士がいる介護専門の設計事務所 
介護リフォーム・バリアフリー住宅・地域に密着した介護施設の設計監理
無料相談やっておりますのでお気軽にご連絡ください。(連絡先はプロフィールをご覧下さい)
****************************************************************************
【 e-shops ローカル 】 比企郡嵐山町・建築設計事務所
【なびさい】
【リフォームTOWN】

2012.12.06 13:38|くらし
ちょっと前まではこんな事を書くことも出来ませんでしたが、
最近はそう言った書籍もあり「終活」されている方も増えているようです。



葬儀や延命治療の希望などを生前に記す「エンディングノート」への関心が、高齢者だけでなく30~40代にも広がっている。若い世代向けのおしゃれなデザインのノートなども人気を集めている。

 東京・新宿の紀伊国屋書店新宿本店には専用コーナーが設けられ、20種類を超えるエンディングノートを扱う。「ここ数年種類が豊富になった。特に東日本大震災以降、万一の時に家族に伝えることを書いておきたいという人が、若い世代にも増えているようです」と同店の飯山明子さん(42)。


 10月末に発売された「Never Ending Note~未来に残すエンディングノート~」(集英社、1500円税別)はピンクの表紙が目を引く。非常時の連絡先や医療、お金に関することなどのほか、大切な人へのメッセージや思い出の旅行先、料理レシピを書く欄もある。


 このノートは、震災を契機に、編集部がインターネットの交流サイト、フェイスブックで募った30~50代の女性の声を参考に作った。世田谷区の後藤裕子さん(39)もその一人。震災時に帰宅難民になり、5歳の息子と会えたのは深夜。「何があるかわからないので、自分のことを書き残しておきたいと思うようになった。実際に書くと自分を見つめ直すこともできた」と話す。


 2月に発刊された「エンディングノート」(小学館、1600円税別)にも、年代ごとの思い出などを書く欄がある。2年前に発売され30万冊以上が売れた「エンディングノート」(コクヨS&T、1400円税別)は購入者の3割を20~40代、半数を50代以下が占める。購入者からは「普段から家庭内のことを家族で共有することが大切と感じた」(37歳女性)といった声が寄せられている。


 10万部を突破した「もしもノート」(460円税別)を刊行するNPO法人「ライフ・アンド・エンディングセンター」理事長の須斎(すさい)美智子さん(79)は「少子高齢化が進み単身世帯が増える中、若い世代も自己管理が必要。ノートがそのことに気付くきっかけになれば」と話す。

(2012年12月1日 読売新聞)


私の知り合いにも「エンディングノート」をずっと前から広めている方がいます。
埼玉内?各地で公演されているようです。今度一度聞いておこうかと思います。


良かったらポチッとお願いします。

にほんブログ村

****************************************************************************
『なごみ空間工房一級建築士事務所』 介護福祉士がいる介護専門の設計事務所 
介護リフォーム・バリアフリー住宅・地域に密着した介護施設の設計監理
無料相談やっておりますのでお気軽にご連絡ください。(連絡先はプロフィールをご覧下さい)
****************************************************************************
【 e-shops ローカル 】 比企郡嵐山町・建築設計事務所
【なびさい】
【リフォームTOWN】
2012.12.03 10:50|事務所
昨日12/2 川越にて埼玉SG県西勉強会に参加してきました。

以下のようなテーマでお話をされました。

1 介護保険 ~その地域性を理解しよう~

 ・介護保険制度とは
 ・介護する側からされる側へ
 ・保険者は各市区町村
 ・地域による違い

  地域による違いでは、豊島区と入間市の違いを比較されていました。


2 投資のための経済・企業分析の一考察

 ・衆院選後の株式市場・外為市場はどうなるか?
 ・株式投資指標の見方
 ・企業分析
 ・実践企業分析・・・ビール会社比較(アサヒVSキリン)
 ・株式優待制度について

 

介護保険は地域により結構違いがあるようなので、比企郡、東松山市の比較をしてみたいと思います。
もしやったらアップしようと思います。 気長にお待ちください。

私も投資をしているのですが持ち株は塩付け状態です。以前企業分析を勉強して株取引をちょこっとやっていた頃もありましたが今は全くやっていません。リーマンショック前までは投資信託やETFまで手を出していました(笑)
でも、今でも経済等のニュースにはアンテナを張っています。


良かったらポチッとお願いします。

にほんブログ村

****************************************************************************
『なごみ空間工房一級建築士事務所』 介護福祉士がいる介護専門の設計事務所 
介護リフォーム・バリアフリー住宅・地域に密着した介護施設の設計監理
無料相談やっておりますのでお気軽にご連絡ください。(連絡先はプロフィールをご覧下さい)
****************************************************************************
【 e-shops ローカル 】 比企郡嵐山町・建築設計事務所
【なびさい】
【リフォームTOWN】

2012.12.01 13:37|事務所
埼玉北部士業の会 勉強会

今回もちょっと遅いアップですが。。。
11/24に参加してきました。
今回はお二方が講師をされました。

タイトルは

1.民事訴訟を通して士業のあり方を考える

講師は司法書士の方

2.不払い残業代請求の予防方法

講師は社会保険労務士の方


聞いている方々は本当に真剣に聞いています。
もちろん講師の方々も!

自分の仕事とは違いますが、いつかこの勉強が役に立つと思います。
仕事は色々なところでつながっていますから。


次々回は私も初講師をすることになりました。
内容は、介護リフォームについてです。
今からどんな話をしようかドキドキしています!

参考 当ブログ 『埼玉北部士業の会』



良かったらポチッとお願いします。

にほんブログ村

****************************************************************************
『なごみ空間工房一級建築士事務所』 介護福祉士がいる介護専門の設計事務所 
介護リフォーム・バリアフリー住宅・地域に密着した介護施設の設計監理
無料相談やっておりますのでお気軽にご連絡ください。(連絡先はプロフィールをご覧下さい)
****************************************************************************
【 e-shops ローカル 】 比企郡嵐山町・建築設計事務所
【なびさい】
【リフォームTOWN】

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
訪問者数

カレンダー

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

たなみ~

Author:たなみ~
介護福祉士のいる介護専門の設計事務所と福祉用具貸与販売事業所
株式会社なごみ空間工房 
代表取締役 田中光人
住所:埼玉県比企郡嵐山町菅谷141-2
TEL 0493-63-1887

地域介護にこだわり、在宅介護を少しでも
サポートしていけるように日々努力。
地域に根ざして、親しまれる存在を目指しています。

1993年理工系大学卒業
1996年建築学校卒業
2002年二級建築士取得
2002年宅地建物取引主任取得
2004年福祉住環境コーディネーター2級取得
2007年AFP(ファイナンシャルプランナー)取得
2008年一級建築士取得
2011年介護福祉士取得
2012年独立し なごみ空間工房一級建築士事務所開設
2014年株式会社なごみ空間工房を設立し介護保険福祉用具貸与販売事業を開始
    応急危険度判定士認定
2016年建築士会インスペクター認定

所属団体
福祉住環境コーディネーター協会
日本ファイナンシャルプランナー協会
埼玉建築士会
嵐山町介護フェア実行委員会 会長
チーム。なごみ 代表

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。