--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.08.27 11:53|くらし
朝日新聞 2015/08/25

高齢者施設で暮らす患者をまとめて紹介してもらい、見返りに診療報酬の一部を紹介業者に支払う医師が増えている。訪問診療の報酬が外来より高いことに着目した「患者紹介ビジネス」に加担している形だ。法令の規制はなく、厚生労働省は「患者をカネで買うような行為は不適切」として規制の検討に乗り出した。

詳しくはこちらから

あなたやあなたのご家族は大丈夫ですか?
知らない間に紹介されているかもしれません。

紹介先のほとんどは、サービス付き高齢者向け住宅や有料老人ホーム。
一度に多くの高齢者を診療できるから。

ご家族に入所や入居者がいたら、一度疑ってみては。




良かったらポチッとお願いします。

にほんブログ村

****************************************************************************
『なごみ空間工房一級建築士事務所』 介護福祉士がいる介護専門の設計事務所 
介護リフォーム・バリアフリー住宅・地域に密着した介護施設の設計監理
無料相談やっておりますのでお気軽にご連絡ください。(連絡先はプロフィールをご覧下さい)
****************************************************************************
【 e-shops ローカル 】 比企郡嵐山町・建築設計事務所
【なびさい】
【リフォームTOWN】
スポンサーサイト
2013.08.22 12:09|福祉施設
先日、東松山市のサービス付き高齢者向け住宅(以下サ高住)を見に行ってきました。

見学にこられた方の多くは介護施設だと思っているようでした。
本当はアパートと同じ賃貸なのですが、無理もないと思います。
と言うのは、多くのサ高住は介護事業所を併設されているから間違えてしまうのですね。
また、建物も住宅っぽくないからだと思います。

賃料は52,000~86,000円。それに共益費20,000~30,000円とサービス費20,000~39,900円
合計103,500~155,900円になります。

これには食費や介護費用の1割負担が入ってませんので、さらにその分がプラスされます。
食費はおおよそ50,000円ぐらいです。


そう考えると、それなりの年金をもらっている方でないとサ高住に住むのは難しいのではないでしょうか。
支払える方であれば利用される価値はあるかもしれませんね。

また、今までアパートで暮らしたことがある方、今もアパート暮らしの方は、
割とサ高住の暮らし方に対応しやすいと思いますが、ずっと一戸建てに暮らされていた方は
適応するのが難しいと感じます。

環境が変わってしまうと認知症になる率も上がってしまうこともあります。
(個人差がありますので、全ての方がそうではありません)


ここのサ高住は、内装デザインを考えて建てられて、階によってもデザインでイメージを変えられていました。
そうでないところもあります。

今サ高住は補助金が付く為多くのところで建てられています。
ご検討されている方は、どんな介護事業所が併設されているのか、どんなサービスがあるのか、
介護度が上がった場合はどうなるのかなど色々聞いた上で契約されるといいと思います。




良かったらポチッとお願いします。

にほんブログ村

****************************************************************************
『なごみ空間工房一級建築士事務所』 介護福祉士がいる介護専門の設計事務所 
介護リフォーム・バリアフリー住宅・地域に密着した介護施設の設計監理
無料相談やっておりますのでお気軽にご連絡ください。(連絡先はプロフィールをご覧下さい)
****************************************************************************
【 e-shops ローカル 】 比企郡嵐山町・建築設計事務所
【なびさい】
【リフォームTOWN】

2013.08.16 16:59|お金
プレジデント 貯蓄:「ゆとりある老後」に必要な資金は、1億1856万円


いつも思うのですが、
「「ゆとりある老後」に必要な資金」とか
「老後までに必要なお金」とか
「老後に破綻しないために」とか
なぜそんなにも不安にさせ煽るのだろうかと考えてしまいます。

不安を煽ればそうのような本が売れるのもその理由の一つだと思います。
このようなお話を読んでいると、決まって最後は
お金が足らなくなるので投資しましょうとかが多いような気がします。

どの層を対象に計算し書かれているのでしょうか?
2010年度の総務省・家計調査報告と書いてありますが。
これもどの層をサンプルしているのか定かではありません。

もうちょっと現実的なものでないと意味がないような。。。
正直、このての話で現実的な内容を読んだことがないのは私だけでしょうか?
あまり参考にしなくてもいいのでは?

ちなみに私はFP(ファイナンシャルプランナー)でもあります。
多くのFPさんはこのようなお話をされますが、私は「???」。
もっと現実をみてほしいですね。



良かったらポチッとお願いします。

にほんブログ村

****************************************************************************
『なごみ空間工房一級建築士事務所』 介護福祉士がいる介護専門の設計事務所 
介護リフォーム・バリアフリー住宅・地域に密着した介護施設の設計監理
無料相談やっておりますのでお気軽にご連絡ください。(連絡先はプロフィールをご覧下さい)
****************************************************************************
【 e-shops ローカル 】 比企郡嵐山町・建築設計事務所
【なびさい】
【リフォームTOWN】

2013.08.12 12:09|事務所
先日8月9日に、嵐山町にある(私の事務所も嵐山町)堀江國明税理士事務所にお邪魔して
会計の勉強会に参加してきました。

同じ嵐山にいながら、事務所があるのは知っていましたが、
このような勉強会があるとはしりませんでした。

この勉強会を知ったのは、ときがわ町にある社労士の方からの紹介でした。

とても為になる勉強会で参加して良かったと思います。


先生曰く、「歌える税理士」だそうです。
なんと、カラオケ大会で二位の実力の持ち主。


通常の税理士は、
申告して終わりの方が多いのですが、私のところは財務内容をみてこれからどう経営をしていくのかを
経営者と一緒に戦略を考えていくことをモットーにしているとの事。

また、地域の若者を育てていくことにも力を入れています。
この勉強会もその一つだそうです。

次回も参加して勉強してこようと思います。





良かったらポチッとお願いします。

にほんブログ村

****************************************************************************
『なごみ空間工房一級建築士事務所』 介護福祉士がいる介護専門の設計事務所 
介護リフォーム・バリアフリー住宅・地域に密着した介護施設の設計監理
無料相談やっておりますのでお気軽にご連絡ください。(連絡先はプロフィールをご覧下さい)
****************************************************************************
【 e-shops ローカル 】 比企郡嵐山町・建築設計事務所
【なびさい】
【リフォームTOWN】
2013.08.07 18:57|お金
本日知り合いの建築士と
国土交通省 住宅局主催の「住宅関連税制とすまい給付金」説明会に行ってきました。

この説明会は、消費税の引き上げが行われた場合に実施するとのことですが、
ここまでお金をかけてこの説明会を実施し、なおかつテキストまで作成の気合の入れようです。

おそらく、何か大きなことが起こらない限り消費税の引き上げは行われると思います。
(確実ではありません。あくまでも私の考えです)


今回のこのセミナーは、大きく分けて3つ。

第一は 消費税率の引き上げについて

第二は 住宅ローン減税の税制拡充について

第三は すまい給付金制度について


メインは第三のすまい給付金制度についてでした。

すまい給付金とは
 
すまい給付金制度は、消費税率引上げによる住宅取得者の負担をかなりの程度緩和するために導入を予定している制度です。住宅ローン減税は、支払っている所得税等から控除する仕組みであるため、収入が低いほどその効果が小さくなります。すまい給付金制度は、住宅ローン減税の拡充による負担軽減効果が十分に及ばない収入層に対して、住宅ローン減税とあわせて消費税率引上げによる負担の軽減をはかるものです。このため、収入によって給付額が変わる仕組みとなっています

詳しくは、 国土交通省 「すまい給付金」をご覧ください。

いろいろなところで「9月までに契約を」と宣伝しておりますが、このような制度もありますので、
よく検討してからがよいと思います。

ちなみに、新築住宅だけではなく、要件はありますが中古住宅でも給付になります。



良かったらポチッとお願いします。

にほんブログ村

****************************************************************************
『なごみ空間工房一級建築士事務所』 介護福祉士がいる介護専門の設計事務所 
介護リフォーム・バリアフリー住宅・地域に密着した介護施設の設計監理
無料相談やっておりますのでお気軽にご連絡ください。(連絡先はプロフィールをご覧下さい)
****************************************************************************
【 e-shops ローカル 】 比企郡嵐山町・建築設計事務所
【なびさい】
【リフォームTOWN】


2013.08.06 12:14|くらし
今回はなんだか難しいタイトルになってしまいました。
と言うのも、医療・介護・年金・少子化対策において、政府が社会保障国民会議
報告案を公表しましたので、これはちょっと載せておかないといけないなと思ったので。。。

では、各分野の報告案を見てください。

原文の報告書はこちらから「社会保障制度改革国民会議報告書


■ 社会保障国民会議の報告書案のポイント
 (★は短期で実施する項目。無印は中長期の課題or時期不明のもの)

(1)医療
 ・国民健康保険の運営主体を市町村から都道府県に移す(★17年度末まで)
 ・会社員、公務員の加入する保険が支出する高齢者医療の負担金を見直す。大企業の健保組合の負担を増やし、浮かせた国の税金を使って、国保の赤字を穴埋め(★15年度から)
 ・都道府県が中心になり医療提供体制を改革(★)
 ・紹介状なく大病院を受診する際の定額負担金の導入を検討【病院機能の再編と「かかりつけ医」(総合診療医)の普及】
 ・低所得者の国保料引き下げ(★)、高所得者の保険料は引き上げ
 ・高額療養費制度を見直し、所得に応じた負担(高所得者は負担増、低所得者は負担減)となるよう、上限額の区分を細かくする(★)
 ・70~74歳の医療費自己負担額を早期に1割から2割に引き上げ(★)
 ・難病の医療費助成の対象拡大(★)

(2)介護
 ・「要支援」向けサービスは介護保険から市町村事業に移す(★15年度から段階的に)
 ・所得の高い利用者の自己負担を1割から引き上げ(★)
 ・低所得の高齢者の保険料を軽減(★)
 ・40歳以上の勤め人が加入する保険が支出する介護納付金を見直す。大企業の社員らは負担増

(3)年金
 ・受給開始年齢の引き上げを中長期的課題として検討
 ・給付を減額調整する「マクロ経済スライド」をデフレでも実施できるよう検討
 ・高所得者の給付引き下げ、年金課税の強化を検討

(4)少子化対策
 ・保育の新制度導入(★15年度から)
 ・育児休業中の経済的支援検討


この報告案は、消費増税が前提になっているようです。
財政が大変で、必要なのもわかりますが、

国民にばかり負担を押し付ける前に、

増税する前に、

身を削る改革をしてほしいですね。




良かったらポチッとお願いします。

にほんブログ村

****************************************************************************
『なごみ空間工房一級建築士事務所』 介護福祉士がいる介護専門の設計事務所 
介護リフォーム・バリアフリー住宅・地域に密着した介護施設の設計監理
無料相談やっておりますのでお気軽にご連絡ください。(連絡先はプロフィールをご覧下さい)
****************************************************************************
【 e-shops ローカル 】 比企郡嵐山町・建築設計事務所
【なびさい】
【リフォームTOWN】

2013.08.02 18:32|住まい
朝日新聞 H25.8.2抜粋

 施設を探し始めて直面したのは圧倒的な情報不足だ。まず市の窓口で介護事業所マップをもらったが驚いた。「これだけ?」。そこに書かれていたのは名称と所在地、電話番号のみ。

 担当のケアマネジャーに相談しても、「施設には施設のケアマネがいるから、詳しくはわからない」との答え。地域包括支援センターにも出向いたが、窓口には数カ所のパンフレットしかなかった。おすすめを聞いたが、対応した職員は「特定の施設を薦めることはできない」と言った。
 「家族は自力でやみくもに施設を探すしかないのか」

 資金的に、入居金や利用料が高めの有料老人ホームは厳しかった。特別養護老人ホームかグループホームか――。ある特養に問い合わせると、待機者は約200人。
 
 介護経験のある友人に教えてもらうなどして10カ所以上を見学し、ようやく二つのグループホームを見つけた。ただ、いずれも定員はいっぱい。それでも2件とも申し込んだ。「どんな生活をしたいかなどの希望を入力すると、それに合う施設が絞り込めるような検索システムがあればいいのに。行政が整備できないのでしょうか」
 いつ入居できるかわからない。きょうも介護は続く。


2013080100011_2.jpg

自宅を離れて施設に入るのは、住まいを変えるという大きな選択だ。しかし、情報は十分に行き届いていない。いざ施設を探そうとして、「種類が多く、特徴がわかりにくい」と困惑する人は多い。
 その手がかりになるよう、認知症の人が暮らす場所とその概要、費用と要介護度との関係をまとめた=

 介護保険データをもとに厚生労働省が推計した認知症の高齢者数は、約305万人(2012年時点)。うち48万人が特別養護老人ホームに入居している。特養は、重度になっても介護が受けられ、「終(つい)のすみか」と言われる。だが、国や自治体の財政難から新規建設が抑えられているうえ、希望者が多く、全国の待機者数は約42万人に上る。

 特養と、リハビリを目的にした介護老人保健施設(老健)、病院の介護型療養病床の三つが介護保険で「施設」と位置づけられている。
 
 認知症の305万人のうち、半数近くの人は自宅で生活している。今後、認知症の人は増えていくが、厚労省は、住み慣れた自宅などで暮らせる地域づくりを進める考えだ。昨年出した認知症施策の5カ年計画(オレンジプラン)には、専門家チームによる初期の人の自宅訪問など、在宅支援策を盛り込んでいる。

以上

認知症対応の地域に根ざした小さな施設がもっとなければならないと思う。
どなたか事業を始める方はいないのでしょうか?
それとも自分が始めた方がいいのでしょうか?
。。。




良かったらポチッとお願いします。

にほんブログ村

****************************************************************************
『なごみ空間工房一級建築士事務所』 介護福祉士がいる介護専門の設計事務所 
介護リフォーム・バリアフリー住宅・地域に密着した介護施設の設計監理
無料相談やっておりますのでお気軽にご連絡ください。(連絡先はプロフィールをご覧下さい)
****************************************************************************
【 e-shops ローカル 】 比企郡嵐山町・建築設計事務所
【なびさい】
【リフォームTOWN】
2013.08.01 10:07|その他
嵐山町にもご当地ナンバー出来たそうです。

嵐山ナンバー誕生

嵐山町は、町のマスコットキャラクター「むさし嵐丸」をモチーフにしたご当地ナンバープレートを、8月1日から交付する。
プレートは、オオムラサキが飛ぶ嵐山渓谷を背景に、むさし嵐丸がバイクに乗っている姿をあしらっている。対象は50cc以下のバイクで、新規登録も交換も無料。販売証明書など車名と車体番号が分かる書類か旧ナンバープレート、印鑑が必要になる。

問い合わせは町税務課(0493・62・2153)。


他にもこんな記事が。。。(概要)

嵐山町では節電と地球温暖化対策のため、役場に植えているゴーヤのグリーンカーテンが収穫の時期を迎えています。町では収穫したゴーヤを1階出入り口に「ご自由にお持ち下さい」と置いているそうです。


嵐山町が一度に二つの記事が新聞に掲載されるのはめずらしいですねぇ。
皆さんに嵐山町を知ってもらえるのはいい事です!!





良かったらポチッとお願いします。

にほんブログ村

****************************************************************************
『なごみ空間工房一級建築士事務所』 介護福祉士がいる介護専門の設計事務所 
介護リフォーム・バリアフリー住宅・地域に密着した介護施設の設計監理
無料相談やっておりますのでお気軽にご連絡ください。(連絡先はプロフィールをご覧下さい)
****************************************************************************
【 e-shops ローカル 】 比企郡嵐山町・建築設計事務所
【なびさい】
【リフォームTOWN】

07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
訪問者数

カレンダー

07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

たなみ~

Author:たなみ~
介護福祉士のいる介護専門の設計事務所と福祉用具貸与販売事業所
株式会社なごみ空間工房 
代表取締役 田中光人
住所:埼玉県比企郡嵐山町菅谷141-2
TEL 0493-63-1887

地域介護にこだわり、在宅介護を少しでも
サポートしていけるように日々努力。
地域に根ざして、親しまれる存在を目指しています。

1993年理工系大学卒業
1996年建築学校卒業
2002年二級建築士取得
2002年宅地建物取引主任取得
2004年福祉住環境コーディネーター2級取得
2007年AFP(ファイナンシャルプランナー)取得
2008年一級建築士取得
2011年介護福祉士取得
2012年独立し なごみ空間工房一級建築士事務所開設
2014年株式会社なごみ空間工房を設立し介護保険福祉用具貸与販売事業を開始
    応急危険度判定士認定
2016年建築士会インスペクター認定
2017年既存住宅状況調査技術者

所属団体
福祉住環境コーディネーター協会
日本ファイナンシャルプランナー協会
埼玉建築士会
嵐山町介護フェア実行委員会 会長
チーム。なごみ 代表

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。