スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

定期巡回・随時対応サービス

2012.07.31 00:40|介護
7月23日に厚労省で定期巡回・随時対応サービスについての発表がありましたので載せておきます。

1.定期巡回・随時対応サービスとは

 定期巡回・随時対応サービスの創設
  ○ 重度者を始めとした要介護高齢者の在宅生活を支えるため、日中・夜間を通じて、訪問介護
  と訪問看護を一体的に又はそれぞれが密接に連携しながら、定期巡回訪問と随時の対応を行う
  「定期巡回・随時対応型訪問介護看護」を創設(平成24年4月)。

  ○ 地域密着型サービスの一類型として創設
  ○ 対象者は要介護者のみ(介護予防サービスは規定していない)
  ○ 身体介護サービスを中心とした一日複数回サービス
   (看護や生活援助サービスについても一体的に提供)

  ○ 訪問介護と訪問看護が一体的又は密接に連携しながら、定期巡回型訪問を行う

  ○ 利用者からの通報により、電話やICT機器等による応対・訪問などの随時対応を行う

図入りで分かりやすく載っていますのでこちらをご覧ください。


2.実施状況について(7/20)

 全国でもまだまだ導入している市町村はあまりないようです。

 埼玉県では、和光市、朝霞市、志木市、久喜市、宮代町。たったの5市町、でも東京都並んで全国1位なんです。
 
 経営的に難しい事業?なのかもしれませんね。

 定期巡回・随時対応サービスの事業所数(平成24年6月末)はこちらからご覧ください。

 ちなみに、この事業を一番最初に始めたのは、ジャパンケアサービス?だったと思います。

 今は、ジャパンケアービスはメッセージの完全子会社になっております。


3.モデル事業の報告について

  (1) モデル事業の結果概要

  (2) モデル事業実施の各市区町村からの報告書


 日中夜間通して24時間巡回しなければならないこの事業にどれほどの人が働きにくるのでしょうか?
 入ったとしてもすぐ辞めてしまわなければよいのですが。。。
 体力的にも、精神的にもつらいお仕事だと思います。
 
 しかし、このようなシステムがあると介護者にとってはとてもありがたいことです。
 介護者にもつかの間の休息は本当に必要なことです。
 介護疲れで最悪のことが起こる前に利用できるような体制が整うこと期待します。
スポンサーサイト

コメント

介護保険の今後について

医療保険のサービスと介護保険のサービスの垣根を越えて、今後このふたつを一体的に進めて行こうという考えが国のスタンダードになりつつあります。そもそも、看護と介護は学問上では区分けされているものの、実務上では、非常に線引きが難しいものも多くあります。24時間介護サービス(学術的な言葉でなくてすいません)についてはヘルパーが圧倒的に不足していることや、同一地域に利用者が沢山いないと経営効率が悪くなるため、田舎町では採算があわないという事情もあるかと思います。
まずはヘルパーを増やす!ということが大切ですよね。社労士としても、介護施設に対し、助成金を活用し、教育訓練・資格取得を促進できればと考えております。

コメントありがとうございます

介護では以前から在宅にシフトしてきています。医療も地域医療なんて言葉も出てきていますね。訪問医療とかも広がるといいのですが、開業医が減って都市部に集中してしまっているようですし。

ときがわ町の住人さんは色々考えられているようですね。私も考えなければ。。。
非公開コメント

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
訪問者数

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

たなみ~

Author:たなみ~
介護福祉士のいる介護専門の設計事務所と福祉用具貸与販売事業所
株式会社なごみ空間工房 
代表取締役 田中光人
住所:埼玉県比企郡嵐山町菅谷141-2
TEL 0493-63-1887

地域介護にこだわり、在宅介護を少しでも
サポートしていけるように日々努力。
地域に根ざして、親しまれる存在を目指しています。

1993年理工系大学卒業
1996年建築学校卒業
2002年二級建築士取得
2002年宅地建物取引主任取得
2004年福祉住環境コーディネーター2級取得
2007年AFP(ファイナンシャルプランナー)取得
2008年一級建築士取得
2011年介護福祉士取得
2012年独立し なごみ空間工房一級建築士事務所開設
2014年株式会社なごみ空間工房を設立し介護保険福祉用具貸与販売事業を開始
    応急危険度判定士認定
2016年建築士会インスペクター認定

所属団体
福祉住環境コーディネーター協会
日本ファイナンシャルプランナー協会
埼玉建築士会
嵐山町介護フェア実行委員会 会長
チーム。なごみ 代表

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。